探さないで下さい

ここに説明を入力したいと思います

アイドルのいる辛い暮らし-遠征中年研究員日記 (1/5) - ヴィレッジバンガード福袋特典シークレットライブ@下北沢SHELTER

年末年始にかけて首都圏のヴィレッジバンガードで行われたBiS福袋イベント*11袋5,000円という複数買わせる前提で考えるとかなり高額な福袋という事もあって、福袋の内容や販売方法に対して喧々諤々が発生した事は記憶に新しいところである(今もか)。その中でも多額の出費に耐えながら、当たりである「シークレットライブ」へのチケットを手に入れる事が出来たのでライブ当日である本日、会場である下北沢SHELTERに足を運んだ。

 f:id:koshi0816:20140105143328j:plain

 【1部:15時〜】

チケットに整理番号がないので並んだ順の入場になる。頑張って早くから会場で並べば最前が確保出来るため張り切る所だが、自分は下記の理由から100人くらいだろうと予想していた。

  • チケットの当選確率が低い(4分の1)ため、そもそも当たっている人が少ない
  • 複数福袋を購入している人がおまいつ研究員さんでもそれほど多くなかった(自分調べ)
  • 知り合いだけではなく今回の販売方法や福袋の中身に批判的なツイートが多かった(ので買わない人も多かっただろうと個人的予想)

全国ツアーでもそうだが、人数が少ないライブやイベントは高い確率で楽しい現場になる事は過去の事例を見ても間違いがない。夏にやったSHELTER 7days以来のSHELTERだが、100人程度でライブを楽しむ事が出来れば天国である。SHELTERのキャパを調べると250人と書いてあるが、200人も入れば相当な地獄になる箱である。

そのようなライブの時は最前を張るより、むしろ中段で騒いでいた方が楽しいと言う事は今回の全国ツアーで身を持って経験している。よって今日は朝早くから並ぶ事はせず、会場20分前くらいを目標にゆっくり移動する事にした。

そしてSHELTER前に着いたとき衝撃を受けた。

なんと開場20分前くらいなのにまだ30人程度しか研究員が集まっていないのである。今までのSHELTERライブの状況と比較しても異常である。やはり福袋のパラメータ設定(価格・中身・当たりの確率)に問題があったとしか思えない。

まあでも開場時間になれば100人くらいになるだろう、と思っていて研究員さんと談笑していた。しかし予想は大きく外れ、開場時間になっても40人程度しか集まっていない。これは大変な事だ!と心配と同時にワクワクしながら順番に入場。ライブが始まる頃には70人程度しか居なかった。開演直前なのにバーカンからトイレにも余裕で行けちゃうんだぜ?

f:id:koshi0816:20140105145133j:plain

↑フロア後ろから撮った1部ライブ開始直前の写真

そしてほぼ15時ジャストにライブはスタート。いきなりパプリカから始まる

スペースが空きまくりなので、周りの人に気を使わず思う存分ヘドバンをする事が出来る。こんな環境がSHELTERで出来るとは感慨深い。3曲終わって自己紹介を含めたMCではフロアに余裕があるため大半の観客がしゃがんで聞くと言う、リリースイベントの様な状況に。のぞしゃんからも「こんなに余裕があるSHELTERは久しぶり」と言わせるほど。立ち上がるだけで爆レス状態。MC時間にも余裕があるらしく、普段のリリイベやライブと比べてゆったり話しを聞く事が出来た。前半のMCに今回入場した人全員にメンバー全員との集合チェキが撮れるとの発表があった。多額の出費をして何とか入場券をゲットした研究員さんへのメンバー&スタッフからのお年玉なんだな、とポジティブに捉えながら、事前にアナウンスがあればもう少し福袋の売り上げが変わったのかな、という皮肉な思いも脳裏を掠めた。入場時にチケットをはさみで切った半片がその券になるという感じだったので、動員人数の少なさも考慮にいれた当日に決定したのだろう。

後半のMCでは先日コショージさんが"nerve"を"nave"と間違ったスペリングでツイートした事に話が及び、いじられる。"nerve"の意味は?と聞かれて"ナチュラル!"と笑顔で答えたり(フロアの一同ずっこける)。サキさんに「元オタだったのに曲のタイトルも分からないんだ〜」と冷たくコメントされる。ここに来てコショージさんのメンバー内での立ち位置が完全に決まった感じがする。

ライブは計10曲1時間強、セットリストも素晴らしく、GMYL全部やチェルシー、歩行者天国などやってくれたのが嬉しかった。逆にprimal.やMy Ixxx、BiSimulationなど普段よくやる曲が入っていなかったので2部が楽しみになる様なものだった。フロアを自由に動き回る事ができとても楽しかった。ライブ終了後、握手会チェキ会が行われたが、もともと場内に居た人数が少なかったためあっという間に終わる。

2部の集合時間まで1時間強あったので、1部に来られなかった研究員が溜まっていた安い居酒屋「135」に移動し、ビールを飲みながら談笑。

 

 【2部:19時〜】

居酒屋を後にし、再度SHELTERへ向かう。2部は知り合いの研究員さんで入手している方も多かった為、1部よりは沢山来るだろうなぁと予想。よって最前狙える様な並びで整列入場をする。あっさり中央より少し上手寄りの最前をゲット。2部は1部より入ったが、それでも100人前後だったと思われる。SHELTERのスペースの広さから行くと十分に楽しめそうな感じ。19時ジャストにメンバーがステージに登場しスタート。

セットリストはやはり1部と変えてきた。MURA-MURAから始まり、Hi〜nerveと畳み掛ける様に歌う。いつもと違い前方でも十分にスペースがあるのでフロアの皆が思う様に動き回る。思いっきりスカダンを踏んでいる人も何人かいた。自己紹介を含めた前MCの後はFly〜BiSimulation〜My Ixxxと素晴らしい流れ。Flyでは何とあの3ちゃんさんがサーフをかます(下の人お疲れさまでした)。そして最近My Ixxxはセトリに入らない事が多かったので、BiSimulationの後にMy Ixxxのイントロが流れた時のフロアの爆発的な「きたーーーーー!!!」感は凄かった。その後のSTUPiGでは、もうたまらずフロア中央に突っ込んでいった。もうぐたぐたになってしまうほど盛り上がった。

そのあと後半のMCが入る。話題はまたコショージさんイジリになり、今度はprimal.の単語の意味について質問する流れに。MCの詳細は省略するが、完全にコショージさんのキャラが決まった(露呈された?)日になった。

そしてMC後は久々の"BiS"。自分はこの曲がBiSさんの中で1番好きな曲だが、最近セトリに組まれてなかったのもあり思いっきりはしゃいだ。研究員による中央列の必死の剥がし合いが楽しかった。そしてウサギプラネットではサークル、TUMAさんをずっとリストしたままprimal.、最後にIDOLで大暴れと1部2部合わせてお腹いっぱいの楽しいライブだった。

2部も参加者全員の集合チェキのサービスがあり、そのあといつも通りの接触の流れになった。参加者の人数自体がそれほど多くないのであっさり終了。いつもよりぜんぜん早い時間にSHELTERを後にする。

10名くらいの研究員さんでCLUB QUEのところのサイゼリヤに入ってビールを飲んで、23時頃にお先にお暇し、帰宅。明日からの仕事を憂鬱に考えながら就寝。

 

 【今回のイベントについて】

前のエントリでも書いたが、イベントのアイディア自体は良いと思う。但しチケットの当選確率の低さや中身の商品の内容など、そもそも複数買う事を前提にしているのにも関わらず顧客に対する配慮に欠けていたと感じた。現におまいつ研究員ですら福袋を購入しなかった、もしくは1つ買って諦めた人は多かった。5,000円という価格は決して安い金額ではないので、もう少しチケットの当選確率を上げるか、値段を上げたとしてもチケットが必ず入っているなど確率による不公平感を減らすべきである。また福袋の販売は全国展開なのに当たりと公言しているシークレットライブは都内だけの開催という事もまずかったのではないだろうか?最近は福袋の中身や当選割合などリアルタイムでTwitterなどで拡散されてしまう時代なので、そういった情報共有がすぐに行われるという前提の上で地方でも販売するなら目玉商品に地方格差がない様な配慮をして欲しい。

その中でも全て本部が内容を決めたであろうこの福袋において、前線である各店舗の販売スタッフはよく頑張っていたと僕は思う。もし自分が販売する側で、仮に福袋販売数のノルマが設定されていたと考えるとぞっとする。各店舗の状況やシークレットライブの動員を考えると、目標販売数の半分強くらいしか実売はなかったのではなかろうか?現場で販売状況を見ていた一顧客として、それを各店舗の販売努力の怠慢で切り捨てるのは非常に残酷だと思った。もし次にコラボレーションする機会があるのであれば、今回の状況をきちんとフィードバックして次に繋げてもらいたい。楽しみにしています。

*1:販売自体は全国のヴィレッジバンガードで行われた