読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

探さないで下さい

ここに説明を入力したいと思います

アイドルのいる辛い暮らし-遠征中年研究員日記 (2/3)-BiS全国ツアー11日目@金沢AZ

BiS全国ツアー11日目【金沢AZ】

 f:id:koshi0816:20140203174407j:plain

とうとうツアーも通算11日目。東海北陸編も佳境に入って来た。静岡福井は幸運な事に気温に恵まれて、雪はおろか外飲みが出来るくらいの陽気だったが、今日あたりから風雪厳しくなるんだろうなと予想。

今日は移動距離87km程度、ゆっくり行っても1.5時間位なのでホテルのチェックアウト時間の10時に集合し、車に乗り込む。今日の気温が最高17度と言う事を聞いて、これはツイてるなぁと思う。

f:id:koshi0816:20140204113947p:plain

 

談笑しながら車を運転し、あっという間に金沢に到着。ちょうどお昼どきなので、昼食を食べにさっそく近江市場へ向かう。近江市場は有数な市場らしく、行ってみると平日なのに沢山の人で賑わっていた。海の幸に恵まれた街よろしく、生エビやカニ、新鮮な魚が沢山並んで魚貝好きには堪らない場所。食事ができる店もいくつもあり、魅力的なので何度も周りをうろうろながらやっとお店を決めた。その間に何グループも研究員さんと遭遇。まあ普通ならココに来るよね。。。

 f:id:koshi0816:20140203113615j:plain

f:id:koshi0816:20140203114135j:plain

 

自分は函館出身なのでいわゆる「海鮮丼」にあまり執着はなく、久々に白いご飯が食べたかったので、刺身定食をオーダー。新鮮なお刺身で美味しい。他のみんなは海鮮丼を堪能していた模様。

f:id:koshi0816:20140203123149j:plain 

食事を堪能した後、ソロで昼飯を食べに合流して来たやじさんと一旦別れ、本日泊まるホテル方向に向かう。今日はチケットがSOLD OUTしていないらしく、繁華街でのビラ配りがあるのではないか?と言う事で、みんなを香林坊109近辺で下ろし、一人でホテルへ。駐車場に車を無事停め、ホテルにチェックイン。この頃から雨が降り出してくる。

 

メンバーさんのビラ配りを見送った同乗者研究員さんもロビーに戻って来て、暫くロビーでのんびりと過ごす。雨がどんどん強くなってきているのと、今日のライブハウスの周りは住宅街でお店も何も無いという事だったので、開場時間に着く様向かう事に。こういう時、Twitterや研究員さんの横繋がりが本当に助かるなぁと感謝。 f:id:koshi0816:20140203172720j:plain

 

17:30過ぎにホテルを出発。今日のライブハウス金沢AZさんは繁華街の金沢片町交差点から歩いて10分程度の場所。雨がどんどん激しくなりホテルから借りた傘をさし足下がずぶ濡れになりながら、しばらく歩いたのちライブハウスに到着。気温が比較的高いのが救いだった。

f:id:koshi0816:20140203174020j:plain

たしかに情報通り、金沢AZは片町の繁華街から少し離れており、周りにはお店等は何も無い。着いて間もなく店員さんが整列をはじめ、開場予定時刻きっちりに入場。

f:id:koshi0816:20140203180559j:plain

箱はビルの2Fにあり、目測Max300人位のキャパ。箱の縦横比も丁度いいバランス。フロアの外に物販スペース、トイレ、ドリンクカウンターがある。twitterで「今日のドリンクは特別仕様です」というツイートが流れて来たので、早速ビールを交換しに行く。

f:id:koshi0816:20140203181511j:plain

ビールの缶に紙に印刷した特製ラベルが巻かれて貼られている。先着10名とかではなく、水からビールまで全てのボトル・缶で提供するドリンクに貼られている。その上使われているアー写はつい先週くらいに公開になったものを使用。この時点でここのスタッフはBiSさんをきちんと分かって調べているんだなと想像。

今日は2列目ど真ん中で待機。いつも通り開場SEは「primal.2」のエンドレスリピート。平日の金沢なのにどんどん客が入って来て、結構な入りに。混雑度を見るとフロアは8〜9割の入りで、恐らく250人位は入っていたのではないだろうか?本日誕生日だと呟いていたおがっちさんが時間通りに現れて良番だったらしく何と最前にいる。今日はとても楽しくなりそうな予感。

 

開演時間(19時)どおりにメンバーがステージに登場してライブがスタート。「ODD FUTURE」→「GMYL全部」でほど良い圧縮と共にフロアがいきなり盛り上がる。音響が良い。ライブ中は気づかなかったがライブ後フロア後方を確認すると、かなりスペースを確保して立派なPAエリアがある。本来この規模の箱なら限られたスペースに出来るだけ客を入れたいだろうからPAエリアは出来るだけ狭くするはずなのに、それだけ音響に気を使っているのだろうと思った。

そして照明がとても良い。ステージのサイズには不釣り合いな照明機材がビッシリ詰められており、後ろの壁にはメンバーの数に合わせたのか偶然なのか、縦長の強力なLED照明が6つ並べられて配置。そして曲に合わせてそれら全部が惜しみなく使われる。サビの所ではまぶしいくらいにメンバーを照らし、落ちサビの所では青いライトなど流れにそったライティングで曲の雰囲気を盛り上げる。それらがほぼズレ無しで操作される。よほど腕の立つ(反射神経の良い?)照明さんなのか、BiSの楽曲を良く知っている、もしくは良く聴き込まれた方がやっていると想像できる。そう感じたのは自分だけではなく、メンバーもブログとかで照明が良かったのを記載しているし、何名かの研究員のツイートにも賞賛の声がみられたので、自分の感覚は間違っていないと思う。箱の規模が違うので単純に比較出来ないが、照明の演出と密度を考えると去年のZEPP Divercityワンマンの時の照明より遥かに良かったと言える。

 

音響と照明が良いので当然演者も客もボルテージが上がる。

 

本日は節分なので「GMYL全部」の時にメンバーが豆を持ち込んでフロアに撒きまくる。かなりの量の豆が撒かれたので踏まれた豆でフロア全体がきな粉の香りに。季節ネタなので研究員が豆を持ち来んで撒く可能性があり、そうなるとフロアが踏みつぶされた豆の残骸で大変な事になる。そうなる事を懸念していたのだが、まさか演者側が撒いてくるとは思わなかった。当然掃除するのは箱側であることを考えると豆を用意したのは箱側の可能性が高いと思われる。もしそうだとしたら本当に素敵な箱だなぁと思う。

ライブ中、豆袋を持っていないコショージさんにメンバーがガンガン豆をぶつける。素でかなり気持ちがこもっている様に見えたので、まるで本当に厄介を追い払うかの様だった。

その後「BiSimulation」ではそれまで前方に居たよーすいさんが無理矢理周りにリフトされ、そのままサーフの形になり遥か後方に消えていった。結果として剥がされた感じになって思わず笑ってしまった後、ちょうど1年前、2013/2/3の名古屋仙台ワンマンで自分も全く同じ扱いを受けたのを思い出し、すぐに苦笑いに変わる。本人が元の位置に戻って来たのは8曲ほど後の「GET YOU」だったので、よほど戻るのが大変だったのかもしれない。

「Fly」の後、MC&自己紹介。明日でBiS初ライブ*1から3周年と言う事で、客席から「3周年おめでとう!」の声が沸く。三周年と節分でお祝い。フロアだけでなく、ステージ上もメンバーが踏んだ豆の残骸でぐちゃぐちゃになっている。滑って危険なので袖から出て来たスタッフが掃除機をかけながら同時にメンバー自己紹介を行う。その後、残った豆をさらに客席に撒く。ワンチャンに賭けて口を開けていたら、プー・ルイさんの投げた豆がダイレクトで口に入る。前方に居たみんなが口を開けていたと思うのでステージから見た光景はまるで雛鳥の餌付けみたいだったであろう。

 

その後、「太陽のじゅもん」→「gugigi」→「スプリットブレインシンドローム」→「MyIxxx」→「パプリカ」→「eat it」→「GET YOU」→「Hide out cut」とBiS48以前の曲中心に。「スプリットブレイン」「パプリカ」「eat it」は後半戦初の披露で、演って欲しかったので個人的にとても盛り上がったし、周りも盛り上がっていたと思う。3日連続でワンマンをやっても全く倦怠感を感じさせないレパートリーの多さ、考えられたセットリスト、そしてメンバーの気迫に満ちたアクト。それに応じる研究員。昨日の日記でも同じ事を書いたが、このメンバーでのパフォーマンスが完成形に近づいてきたのだろうか。

 

読み取れるか分からないが、参考の為にここ3日間のセトリを表にしたものを添付する。数字は演奏順。(e1/e2はアンコール、w1はダブルアンコール) これを見てもセットリストの柔軟性が理解して頂けると思う。

f:id:koshi0816:20140204144818p:plain

ツアー前半も「Let me sleep」「エレガントの怪物」「IDOL is DEAD」をやったので、そのうちやってくれる事を期待しているし、しばらくやっていないので期待は薄いが「サウザンボルト」「Spoon」「CRACK CRACK」「I'm coming!」もいずれやって欲しいと願う。

 

「Hide out cut」の時はスモークが惜しみなく焚かれ、そこに照らされながら歌い踊るメンバーを見ていると、不意に「あのMV」が思い出された。あの頃から全くメンバーは変わってしまい、振り付けの内容やテーマも変わっているが、これも正真正銘の「Hide out cut」だ。個人的な想いがそうさせているのは間違いないのだが、MVととても似ている雰囲気のライティングの下で踊る彼女達のあまりにも感傷的な光景に僕は何も出来ずただ呆然とステージを見つめていた。結構な頻度で披露されるこの曲だが、どんどん「魅せる」パフォーマンスが上がっているのが分かる。


BiS / "Hide out cut (Special Edit)" Music Video

 

後半のMCの後、「YELL!!」→「歩行者天国の雑踏で叫びたかったんだ」→「PPCC」→「STUPiG」。はじめは比較的空いているかなと思ったフロアも前方はすごい暴れ方で盛り上がりつつ本編は終了。

 

メンバーが楽屋にはけた後アンコール。今日はおがっちさんが前方に居て、アンコールに被せて「俺のルイ!」という気持ちの悪い事を叫んでいたので、周りが阿吽の呼吸で彼にアンコールを任せる事に。この辺の空気の読み具合と反応の早さはさすが研究員の成せる業なのか、一瞬で彼のみが頑張って一人でコールし続ける状況に。周りは手拍子しながら彼を煽り続ける。どんどん声が小さくなってくるが周りが「どーした!」「もっと声だせ!」「小さい!」と煽り続ける。途中で息絶えないか心配になってしまった。

長めのアンコールで出て来たメンバー。ウイカさんは恵方巻きを食べながら登場。そのとき気づいたが、ステージ下手の柱に「東北東」と書かれたバミリがある。そこを向いて恵方巻きを頬張るウイカさん。そして、サキさんとポッキーゲームの様に2人で恵方巻きを食べたり、一気に食べた恵方巻きを口から下手の客席にバラ撒いたりやりたい放題。のぞしゃんは何故か*2仏像のお面をして登場。そのお面がとても気に入ったのだろうか、ライブ後の特典会でもずっとお面をつけていた。

アンコールは「MURA-MURA」→「nerve」ダブルアンコールは「DiE」。

 

今日はメンバーはダイブや客席に突っ込む様な派手な事はしなかったが、ステージ上のパフォーマンスがそれを凌駕する迫力だったし、箱の音響も照明も素晴らしかったので一層それが際立つとても良いステージだった。そして今日は演出だけではなく本当にライブハウスが良かった。決して良いとは言えない立地、建物ながら、

  • 照明やPAなどお金をかけている所にはきっちりお金をかけている(演出に大きく作用するだろう)
  • スタッフがみんな丁寧な対応(教育が行き届いているのだろう)
  • キレイで清潔なフロア(掃除が行き届いている)
  • ボトルに手巻き貼られたアーティストの自作ラベル(ネットで調べる限り今日が特別ではなく普段からやっている模様。準備にとても時間がかかると思われる)

と枚挙に暇がない。これらは表面上だけではなく、出演者および客に対する敬意がなければ間違いなく生まれない事である。そしてこんなライブハウスの素晴らしい仕事の理由がTUMAさんのツイートで知ることができた。

f:id:koshi0816:20140204155910p:plain

なるほど、ライブハウスの社長さんが素晴らしいのだ。アーティストへの音楽に対する敬意。前線でライブに接する姿勢。トップがそういう態度だと周りのスタッフも見習うし影響されるのは間違いない。今回残念ながらその社長さんを拝見する機会はなかったものの、その人となりも良いに違いない。とても清々しい気分になり、ライブハウスを後にした。

 

そして反省会は宿泊しているホテルからすぐ近くの焼肉屋へ。とても旨くて、食べながら会話も弾む。

f:id:koshi0816:20140204004727j:plain

焼肉を食べながら談笑しているとあまりにも強い睡魔が襲ってきたので、宴を中座してホテルに戻りそのままなだれ込む様に就寝。

*1:2011.2.4 オンナノコノウタ@morph-tokyo http://www.morph-tokyo.com/live_schedule/2011-02/04.html

*2:意味分かる方は教えて下さい