読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

探さないで下さい

ここに説明を入力したいと思います

アイドルのいる辛い暮らし-遠征中年研究員日記 (2/9)-BiS全国ツアー15日目@盛岡CLUB CHANGE WAVE

BiS全国ツアー15日目【盛岡CLUB CHANGE WAVE

 f:id:koshi0816:20140209205946j:plain

 

朝6時前に目が覚め起床。シャワーを浴びて身支度し散歩へ。青森の朝は寒い。

 f:id:koshi0816:20140209065115j:plain

昨日ネットで調べていて気になった「朝ラーメン」が食べられるお店があったので、朝食がてら青森駅前まで向かってみる。

f:id:koshi0816:20140209065933j:plain

 「長尾中華そば」さん。7時ジャスト鍵開けでお店に入り、「こく煮干しらーめん(ちぢれ麺)+豚バラ+味玉」をオーダー。ライス無料らしい。

f:id:koshi0816:20140209071103j:plain

煮干しがすごく効いたラーメン。美味しかった。ホテルに戻りがてら車に積もっていた雪を除雪して暖気のためエンジンを回す(雪国に住んでない人は分からないと思うが、この作業を事前にやっておかないと出発が20分くらい遅れる)。車に積まれた雪自体は2cm位だったので雪下ろしは難なく10分で作業完了。ホテルに戻り今後の移動計画を立てる。

f:id:koshi0816:20140211085317p:plain

今日の行程は東北道を盛岡ICまで南下するルートで183km。昨日大混乱していた高速道路の通行止めも仙台辺りまでだったし、東北道は殆ど雪が残っていないはずなので、チェックアウトの10時にホテルロビーにぎね美さん、よーすいさんと集合して車に乗り込む。それぞれ別のホテルに泊まっているかおりさん、TUMAさんも拾い、青森を出発。

道中は全く雪もなく、あっという間に盛岡に到着。とりあえず今日宿泊するホテルへ向かってみるがまだチェックイン前なので先にお昼ご飯を食べに行こうとお店を検討する。TUMAさんが見つけた「熊さん」という食堂?とんかつ屋さん?が良さげだと言う事で早速向かってみる。

f:id:koshi0816:20140209133805j:plain

もうお昼も過ぎて14時前というのに店内は地元民と思われる客でごった返していた。早速トンカツ定食をオーダー。ものすごい量の定食がやって来た(注:下の写真は普通盛りで、大盛りではありません)。

f:id:koshi0816:20140209140021j:plain

知らないでオーダーしたとしても、残すのは悪いのでお腹が苦しくなりながらも何とか完食。TUMAさんよーすいさんはここのお店名物のカツカレー(上)を頼んでいて、特によーすいさんは一度リタイアしかけるも周りが完食させようと煽るとその量に苦しみながらも完食。食べきったときの顔がすごかった。あのカツカレー、普通量の3倍位はあるんじゃないかな?

満腹になりながら、今日の宿(偶然にもみんな同じホテルだった)に向かい、チェックイン。暫く部屋で休んでからライブハウス会場に足を運ぶ。ホテルからライブハウスまではほんの50m位。

f:id:koshi0816:20140209165827j:plain

今日の箱であるCLUB CHANGE WAVEは商業エリアの一角にあるビルの地階にある。階段を降りた所にチケットカウンターがあり、そこでクロークも受け付けていた。そして更に階段を降りた右手にバーカウンター、左手にフロアへの入り口のドアがある。

f:id:koshi0816:20140209174034j:plain

フロアに入るとまずPAブースの後壁があり、左右に避け抜けて正面に向かう造りになっている。天井こそ低いが、フロアは横長で奥行きがそれほどなく、ステージも広く高い。そのため後ろからもステージは見えるだろう。フロアは板張りなものの、はじめからライブハウスを前提にした造りには見えず、チケットブースの向かいに楽器店があったのとフロア天井にあるエアコンの配置を見る限り、もともとは小部屋が沢山ある貸しスタジオみたいな施設だったんじゃないかと想像できる。

客の入りはまずまずだがSOLD OUTした程の足並みは感じられない。もしかすると首都圏の雪による交通麻痺の影響でチケットが有りながら盛岡行きを諦めた人が結構いたのかもしれない。そんなことを思いながら下手寄り2列目で開演を待つ。女川のたかまささん、青木さんとも再会し、がっちり握手を交わす。女川町復幸祭が楽しみである。最終的な客入りは目測で7〜8割程度。

開演時間から5分程押してメンバーが登場しライブがスタート。

セットリストはまっくさんのツイートを参照しました(いつもありがとうございます)。

今日は(自分の記憶が正しければ)いつも4曲でMCに入る所を5曲やった。「MURA-MURA」に始まり、「Hi」→「I wish I was SpecIaL」→「STUPiG」とハイテンポの曲で畳み掛け、MCに入ると思いきやキラーチューン「nerve」で盛り上がる。「STUPiG」は観るたびにウイカさんの動きのキレと妖艶な顔のレベルが上がっている気がする。それとは別に1番ブレイクの「もう壊れる」、2番ブレイクの「いま壊れる」の歌が飛んでいた*1気がした。連日の運転のためここ数日まともにツイートを見られなかったので詳しい経緯は知らなかったが、その理由がMC及びアンコールで明らかに。

5曲終わった後の自己紹介MCでは今日も女性研究員メインでやらかす流れに。ウイカさんの時に後ろの方で発狂した様にリフトされて叫ぶ女性研究員さんに、ふらっとさんが「お前うるさい!」と言いながらもリフトされたまま後ろまで行って抱きつきに行くと言う、昨日も見た様な光景が繰り返された。これ定番化しないかな。のぞしゃんが「STUPiG」のブレイク部分について言及。

そしてMC明けは「ODD FUTURE」→「スプリットブレインシンドローム」。先日ツイートかブログでスプリットブレイン観たいなぁと思って書いた矢先だったのでテンションが上がる。その後「GET YOU」→「太陽のじゅもん」(たかまささんが来る現場ではなぜか高確率でやるのが驚き)とじっくり聴かせる曲、その後「My Ixxx」→「IDOL」と爆発曲を。今日はサーファーが少なかった印象。「IDOL」のサキさんの気迫は凄まじく、1度ならず2度もステダイをかまして来た

そして告知MCではマネージャー渡辺さんの話からサキさんが可愛いらしくなったと言われた事をいじられる流れに。あまりにもサキさんが強く関係を否定するので逆に変な空気に。プー・ルイさんがすかさず下ネタに持って行くあたり、さすがである。

そしてMCの後は「BiSimulation」。テンテンコがコショージさんの歌割りである2番Aメロ*2を奪って歌う。取り返すため突っ込もうとするコショージさんをメンバー全員が抑える(というか突き放す)。コショージさん加入時に誰が歌割り変更をかけたのかは分からないが、決められた歌割りを破る行為など、他のアイドルグループではあり得ない光景だろう。そして「Hide out cut」→「ASH」。久々*3に「ASH」をやってくれたので、イントロが流れたときは歓声が上がっていた。そして「PPCC」で本編終了。

 

アンコールの時に一瞬「一刀両断」という声が上がる。あーこれはのぞしゃんがツイートで怒ってた奴だなぁと思いながら聞いていた。そしてアンコールに応えてステージに出て来たのぞしゃんが開口一番「いま一刀両断って言った奴誰だ!」「本当に頭来てるんだからな!」とキレる。あとで確認した話によると「一刀両断」はオタ芸の一つでブレイクに被せて絶叫するらしい。それを「STUPiG」のブレイクだと「もう壊れる」「いま壊れる」の囁く部分に被せていたようだ*4。そしてのぞしゃんがキレたまま曲に突入し、それがなんと「DiE」*5。大きな波乱はなかったものの、観ているこちらは結構ハラハラしてしまった。

そしてアンコールラストは「レリビ」。落ちサビあたりからプー・ルイさんが下手側の柵に上がったまま歌い続ける。落ちサビの部分からここまで張り出してくるのはとても珍しい(と思う)。そしてテンテンコさんは狂った様に撮影スタッフを追いかけて、カメラを奪おうとする。必死に阻止するカメラマンとクルクル回りながら、それでも執拗に奪おうとする。本人は必死だろうが、見ている側はとてもコミカルである。やっと奪い取った時にはそのカメラのマウントからレンズが外れていた*6。それで陽気に撮影しているテンテンコさん。レンズが外れているので全く映像は撮れていないはず。そしてサキさんがフロアにダイブかと思いきや、ちょうど下手側前方にいたゴリさんの両肩に立ち上がり、直立不動のまま歌い周りを煽る。僕はすぐ隣にいたため必死に倒れない様にサキさんの足をおさえていた。そのため他のメンバーの挙動は分からなかったが、なんとのぞしゃんも上手側でステダイをかましてい*7らしい。

ダブルアンコールは「Fly」。ずっと前方で観ていたのだが、周りにぷーらぁが少なかったので、久々に落ちさびでリフトしてもらったら後ろから誰かから剥がしが入って来た。「誰だ!」と思って振り返ってみたら、ちだちゃんさんとしなもんさんがリフトされながら前まで来ていた。面白かった。

今日はメンバーがいつもよりかなり自由にやっていた。テンテンコさんがアタックしたカメラは壊れてないだろうか?色々心配な所はあるが、メンバーのテンションが爆発した日だった。全国ツアーはあと最終日を残すのみ。最終日の会場である仙台JUNK BOXはそのキャパに合わないほどチケット枚数が出ているという情報があり、壮絶な現場*8が想定される。自分もBiSではない時にこの箱に入った事が1度だけあるが、とてもじゃないが400人入る箱じゃない。BiSのライブで一番個人的にキツかったのがSHIMOKITA SOUND CRUISINGの時のDaisy Barだった*9が、それを越える過酷な状況になるのだろうか。

 

ライブ終了し、比較的客も少なくなっている快適な状況で特典会が行われスムーズに終了。反省会に行く前に一度部屋に戻ったらいつの間にか寝落ちしてしまい、反省会には行けなかった。残念である。

*1:それぞれ歌っていたという人もいるので自分の聴き間違いかもしれない。

*2:「チャイレーン」「ピーポー」「キューキュー」の部分。コショージさんが入る前の歌割りはテンテンコさんだった。

*3:後半ツアーでは静岡SUNASH以来。

*4:いつ頃から発生した芸かは分からないが、最近は前の方で沸きながら見ていたので僕自身は今までそれ自体に気づかなかった。

*5:のぞしゃんが振り付けで重要な役割を演じる曲。

*6:カメラの機種は見えなかったので分からなかったがマウントタイプのミラーレス一眼だと思われる。

*7:のぞしゃんがステダイするのは初めてとの事。みぎさんのツイート参照。

*8:Perfumeを観に行った宗像さんのブログ参照。

*9:サーキットイベントで行われた、200人程度のキャパの箱に研究員が殺到し入場制限が発生した。