探さないで下さい

ここに説明を入力したいと思います

アイドルのいる辛い暮らし - 遠征中年研究員日記 (5/18) - THE BiS WHO SOLD THE WORLD TOUR DAY10@高松MONSTER

【THE BiS WHO SOLD THE WORLD TOUR DAY10@高松MONSTER】

f:id:koshi0816:20140518162210j:plain

今週の3連戦も今日の高松で最終日。BiSが香川県に来てライブ・イベントをやるのは2011/4/10のイオン綾川以来のはずである。自分は去年12月の全国ツアー「BiS after all」の高知〜神戸の1日空いた中日に高松に一泊してパスピエを観に行っている。高松は良い街だし、うどんは美味しいし、今回のMONSTERという箱、行った事ないけどキャパが大きいのでここはどうしても行きたい*1と思っていた。

朝7時過ぎに起床し、お風呂に入り、カプセルホテルをチェックアウト。三ノ宮駅まで歩く。

f:id:koshi0816:20140518080440j:plain

恐らく今回がBiS関西イベントの最終日なので、こうやって研究員として関西へ行く事も最後なのかなと思ったら、朝っぱらからセンチメンタルな気分になる。

f:id:koshi0816:20140518084545j:plain

ドトールで朝食を食べ、8:49発の丸亀行きバスに乗り込む。今回はじめて長距離バスで3列シートと言うのに乗った。広くて快適である。思ったより兵庫〜香川は距離があり、去年に自車で高知へ遠征した時にも渡った明石海峡鳴門海峡を渡り、予定より少し早く丸亀駅へ到着。

f:id:koshi0816:20140518115236j:plain

ライブハウスのある高松ではなく丸亀に寄ったのは、一度高松に行って自転車で徘徊しているのである程度街の様子が分かっていたのと、せっかく香川に行くのだから美味しいうどんを食べたいなという欲求のためである。会社に香川出身の後輩がいて、彼から以前にもうどんのおいしい店を聞いたのだが、高松駅から歩いて行ける範囲ではあまりない(鶴丸さん以外で)との事で、今回丸亀近辺で評判の「おか泉」というお店を教えてもらった。

「おか泉」は丸亀駅からJR予讃線で1つ高松方向に行った宇多津駅から歩いて10分位の所にある。この店が県内外から大絶賛らしい。早速行ってみる。

f:id:koshi0816:20140518121450j:plain

行ってみると、普通の住宅地の中にあるお店なのだが、ここの前だけ大行列になっていて異様な光景である。ざっと数えて30人くらい。日曜のお昼とはいえ、すごい人気である。一度並ぶのをためらったが、折角ここまで来たという事もあり列に並んでみる。

うどん屋さんと言う事もあるのか、並んでから30分も経たずに店内に入る事ができた。お店一推しの「ひや天おろし」をオーダー。

f:id:koshi0816:20140518124130j:plain

この「ひや天おろし」がとても旨かった。麺ももちもち、これぞ讃岐うどん!という感じだし、天ぷらはエビ2本、芋、カボチャ、大葉とボリュームがあり、しかも揚げたてで温かくとても歯ごたえがあり旨い。そして何と言ってもタレが最高である。しょっぱすぎず、そして旨味が凝縮されており麺と天ぷらをしっかり受け止める。最高だった。さすが地元の人も行列してまで食べるだけあった。香川に来た甲斐があった。もう帰っても良いくらいだった。

 

と、そんな訳にも行かないので、駅に戻って再度予讃線に乗り、高松を目指す。あっという間に着いてしまった。

f:id:koshi0816:20140518133522j:plain

高松駅周辺は既に一度来ているので、勝手知ったるところである。早速レンタサイクルを申し込む。予約したホテルも前に泊まった所にした。ライブハウスから近いのである。さっそくチェックインし、荷物を置いてそのまま自転車に乗ってライブハウスへ。

f:id:koshi0816:20140518154935j:plain

道中で別のライブハウスを通りかかる。なんとHIATUSもこの日ライブがあるらしい。まだお昼なのに、物販列にすごい人が並んでいた。軽く眺めて後にする。そして今日のライブハウスMONSTERは瓦町駅のすぐ横にあった。 陽が強くて日焼けしてしまいそうな程の陽気。

f:id:koshi0816:20140518162153j:plain

今日は会場が早いのか、既に沢山の研究員が集まっていた。地元っぽい人も居るが、おまえいつも居るなぁって感じの人たちも沢山来ていて、ここが四国だと言う事を忘れてしまいそうになる。今日はぷーらぁ大先輩のチャリオさんの誕生日当日で、なんと整理番号1番を引いた言う事で偶然にしても持っているなぁ言う話などで談笑した。

 

【入場〜LUI◇FRONTiC◆松隈JAPANオープニングアクト

僕はチケットの整理番号が25番と微妙な番号だったが、ライブハウスのキャパがそこそこ大きいので横幅もありそうで、うまくしたら最前を狙えるのでは?と言う期待もあり、いつも通り真面目に並ぶ。

入場時間から少し押して開場。順番に入る。

f:id:koshi0816:20140518165523j:plain

高松MONSTERは瓦町駅の隣にあるビルのB1Fにある。ビルの階段を下りるとチケットブース兼クローク受付があり、左手に入り口がある。入り口を入ると物販エリアがあり、そこから右手にフロア入り口がある。入り口を入ると右手にドリンクカウンターがあり、そこから細い導線を歩いて左手が大きなフロアになる。ドリンクカウンターの店員さんが陽気に「こんにちは!」と声をかけてくれる。こんな些細な対応一つで好感度が上がってしまうものである。とりあえずフロアへ進む。

もう最前はないと思っていたが、入ってみるとドセンのチャリオさんとかじさんの間が空いている。この二人の間には誰も入れない何かがあるのか分からないが、誰も寄り付けない何かがあったのであろう。早速入り込んで、運良く最前をキープする事ができた。今ツアーはじめての最前である。今日はチャリオさんの誕生日と言う事で、ご本人からお祝いの記念Quoカードを頂く。今まで当人からお祝いをもらった事がなくキョドってしまったが、後からよくよく考えるとこういった記念品を当事者から配るのって良い事だなと思った。ちなみにカード表面に何が印刷されていたかを知りたい人は、本人から聞いて下さい。

既に開演時間の17:00を回っていた。まだLUI◇FRONTiC◆松隈JAPANのオープニングアクトは始まっていないので、相当押している。17時を少し回った後にLFMJメンバーが登場し「日本の夜明けぜよ!!!*2」とシャウトしてO.A.がスタート(この時点で30分遅れ)。

今日も始めにメンバー紹介〜ライブへ。セットリストは今までと同じ。

①bells ②からっぽ ③パンケーキ(optimistic) ④感じたいよ ソバに居たいよ 新しい風と切り裂く光を

今まで殆ど*3のLFMJのライブやオープニングアクトに行っておきながら、一度も最前で見る事が出来なかったが初めて見る事ができた。ので、今日は楽しむ事にした。

今日はMC WATAが休みのため「パンケーキ」ではラップの被せはなかった。あると煩わしいが、ここまで毎回毎回聴かされているから、無いと物足りない気がするのも確かだ。今日もクリーム攻撃があったが、いつもより増量されていて、バンドメンバーにも、観客にも沢山攻撃して来た。ドセンのチャリオさんは勿論のこと、こっそり隣に居た僕にも攻撃が来た(というか皿をもらっただけだったが)。

MCでは各メンバーの年齢を聞く(それも知らなかったのか...)話題に。意外とバンドメンバー同士の歳が近いのに驚いてしまった。最前で観ているとプー・ルイさんを凝視したいのと、ノリたいのが半々でどっちをして良いか困ってしまう。あっと言う間にO.A.が終了。

 

【本編】

f:id:koshi0816:20140518173813j:plain

バンドセットの片付けがあったので、ほぼ巻く事が出来ず30分程度の押しのままライブがスタート。客電が落ちSEが流れる。SEというよりラジオの様な音だった。よくよく聞くと鶴光の声が聞こえる、、、これはもしかして!松本明子さんがあの「放送禁止用語」を公共の電波で言った事件の音だと言うのに気づいたのはしばらく経ってからである。


松本明子 生放送中に・・・・ 

Wikipediaで調べると、実に30年前の出来事である。なぜこんなネタを、と思ったら、松本明子さんは香川県高松市の出身だそうだ。でもいくら地元だからとはいえ、メンバーが生まれてない時のネタを持ってくるとは、、、

そしてその後、あの「電波少年」のテーマソングが流れた。この辺の流れはウイカさんのブログに詳しく書かれているので割愛する。毎回毎回ご当地にちなんだネタをSEも含めて準備してくるとは、前回のツアーとは大違いである。ご飯もロクに食べられず、車中泊という余裕のないツアーだったので、結局前回のコンセプトは良くなかったのか、それともあのツアーの経験があって今の素晴らしさがあるのか。そんな中でメンバーが登場し、「ODD FUTURE」でライブはスタート。

セットリストはまっくさんのツイートを参照(いつもありがとうございます!)

今日は最前でメンバーの細かい所作を良く見る事ができた。「パプリカ」でヘッドバンキングした後、ビックリするくらい髪の毛がボッサボサになっているコショージや、「nerve」の「軽〜く不機嫌」でのプールイ顔を一緒に真似するテンテンコ、「primal.」の冒頭に見事にフリを忘れたのか、ずっと突っ立っているコショージ。最前で見ているとやはり得られる情報量違う。ただ後ろの状況が把握出来ないのと、圧縮があるのであまり動き回れないのが難点と言えば難点である。

それにしても今日は2012年までの曲が多くて良かった。初出でカウントすると19曲中14曲が「IDOL is DEAD」までの曲ではないだろうか。「CHELSEA」→「パプリカ」→「ASH」の流れは斬新だったし、「Let me sleep」→「サウザンボルト」と最近のライブでは披露する頻度が低いインディーズアルバム曲を続けてやるなど、昔からの研究員には涙ものの選曲ではないだろうか。「ウサギプラネット」→「BiS」の流れもとても良かった。セットリストだけで言うと、個人的には今回の10回のワンマンライブで1番良かったと思う。そして最後に「PPCC」→「My Ixxx」→「FiNAL DANCE」と盛り上がるだけ盛り上がって本編は終了。 

 

【アンコール】

 

アンコールのコールで田渕さん(女性マネージャー)のコールが起こる。後から知ったのだが、田渕さんは香川県出身らしい。マネージャーの立場だが、凱旋公演となる。みんなでコールを続けていると、なにやらまたSEが流れて来て、アンコールが始まる。わっきーの”うどんの歌"だ!

ちゅるるんるんるんうどんどん
さぬってきつって温玉どーん!

メンバーが声を入れて、変なリズムのトラックに乗せてループしながら高速回転をはじめる。香川と言えばうどんなので、アンコールは"うどんの歌”を歌いましょうよ!と元住民のよーすいさんに昨日の反省会で話したりしたのだが、まさかメンバーがわざわざトラックを作ってアンコールで流してくるとは思わなかった。僕らが最後に見たわっきーの"うどんの歌"は両国国技館のプラチナゴールド特典のミート&グリートが最後だと思うが、その時の光景を昨日の事の様にぼんやり思い浮かべていた。

SEが終わりに近づき、メンバーが登場。一列にならぶ。これは、、、あの歌だ!


BiS / 歩行者天国の雑踏で叫んでみたかったんだ

わっきー作詞の「歩行者天国の雑踏で叫んでみたかったんだ」こうやって過去のメンバーも回想させるようなセットリストを組んで行く。BiSが終焉に向かっている事を感じずにはいられない。この時、僕はやたら感傷的な気分でステージを眺めていた。

このあと「Hide out cut」でもやったら、当時からの研究員は涙が止まらない状況になるだろうなぁと思いながら(期待しながら)次の曲を待った。しかし次の曲は「IDOL」だった。これが面白かった。

曲冒頭で袖から出て来たKMミュージック佐藤さんが田渕さんをステージに引っぱりこんでフロアに投げ入れたのである!田渕さんがサーフを繰り返しながら客の上に仁王立ち→ダイブを何度も繰り返す。一度最前センター付近まで流されて0列に落ちそうになるが、KM佐藤さんと高橋さんがダッシュでやって来て受け止めるのではなく、そのままフロアに押し戻す。さらに転がって行く田渕さんをみて、二人はゲラゲラ大爆笑しながらその様子を見ている。本当に楽しそうだったし、当然僕らも楽しかった*4

結局田渕さんは1曲殆どサーフされたままで、後半でフロアに飛び込んで来たサキさんと「Wサキ」で肩を抱き合ってリフトされているのは圧巻だった。その一部始終を撮ってくれた人がYOUTUBEにアップして下さってるので是非見てほしい。


BiS IDOL (高松MONSTER)

そしてダブルアンコールでは「ちゅるるんどんどんうどんどん」コールと地元のお菓子?の歌が発生し、再度メンバーが登場。「Fly」の落ちサビでは普段滅多に上がらないチャリオさんをみんなで無理矢理上げたり、「レリビ」ではもう何が起こっているか把握出来ない程めちゃくちゃになってライブは終了。色んな無理をしてでも高松に来て本当に良かったと思わせるライブだった。

 

【特典会〜反省会】

今日は客も少ないし、箱も大きいので特典会も快適だった。箱の対応も素晴らしくて、バーカウンターではいつまでもお酒を提供してくれた。下手すると開演後にアルコールを提供を止めてしまう箱もある中で(当たり前なのかもしれないけど)とても気持ちのよい思いをしたので、ついつい沢山お酒を飲んでしまう。抑えながらも6杯くらいは飲んだと思う。そして久々にチェキ会に参加してきた。

先日ウイカさんがテンテンコさんの顔マネをしている写真がツイートされていてあまりにも似ていてビックリしたので、メンバー全員にテンテンコさんの顔マネをしてもらう事に。

f:id:koshi0816:20140519151140j:plain

f:id:koshi0816:20140519151202j:plain

f:id:koshi0816:20140519081320j:plain

みんなひどくて、アゴばかり強調してくる。

 

f:id:koshi0816:20140519081234j:plain

ウイカさんは鉄板のそっくり度だった。写真の撮る角度が良くないのが、ツイートの時よりはインパクトは薄い。 

 

 

f:id:koshi0816:20140519081158j:plain

テンテンコさんにも自分自身のマネをしてくれと頼んで撮った。可愛過ぎるじゃないか(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして圧巻だったのは、コショージ。

f:id:koshi0816:20140519081137j:plain

絶対バカにしているだろ。ほとんどイカレた人にしか見えない。本当に彼女は天才だと思った。

 

特典会を楽しんだ後、少し出待ちがてら外で談笑をしてから、反省会へ。チャリオさんが誕生日当日と言う事でお祝いをし直し、フェリー組は0時前に退席し、最後にチャリオさん、おすぎさん、自分で色々お話をする。チャリオさんは普段飲まないお酒を飲んだのと、ここまでの疲労(多分寝不足が主な原因だと思う)が重なったのか、眠りについてしまったので、お開きにして解散する。お疲れさまでした。

 

 翌日朝5時に目が覚め、支度をし、6時前にホテルをチェックアウト。レンタサイクルで駅まで行き、駅前で早朝うどんを食べる。

 

 

f:id:koshi0816:20140519062258j:plain

最後のうどんを堪能したあと、自転車を返却し、7:03発高松空港までのシャトルバスにのり(チャリオさんも同じ飛行機なので待ち合わせて一緒のバスに乗った)、無事JETSTARの9:00発の成田行きへ乗る。成田に着いてそのまままっすぐ会社へ直行。お疲れさまでした。

*1:全通出来る目処が立ちそうなので、そもそも選択の余地はないのだが、、、

*2:なぜ坂本龍馬なのかは不明。同じ四国だから?

*3:5/3横浜のオープニングアクト以外は全て行っていると思う。

*4:お陰でサーファーが少なかったのも助かった。