読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

探さないで下さい

ここに説明を入力したいと思います

アイドルのいる辛い暮らし - 遠征中年研究員日記 (5/23) - THE BiS WHO SOLD THE WORLD TOUR DAY11@福岡Drum Be-1

【THE BiS WHO SOLD THE WORLD TOUR DAY11@福岡Drum Be-1】

f:id:koshi0816:20140523141319j:plain

5月のGWを過ぎてからずっと体調が悪く、病院の薬が切れる→薬をもらいに行く、という生活を繰り返している。今週に入ってだいぶ回復してきたが、昨日の木曜日(5/22)に愛知に仕事の出張に行った帰りの新幹線の冷房にやられた*1のか今日起きたらすごく体調が悪い。会社を休み、一日じゅう自宅の布団の中に入ったまま一日を過ごした。

その布団の中で寝ていたとき妙にリアルな夢を見たので、今日の日記は夢日記としてその時見た夢の内容を記すことにする。

 

【妙にリアルな夢・移動】

f:id:koshi0816:20140523090518j:plain

気がつくと、僕は羽田空港に来ていた。そして手にはなぜかJAL311便福岡行きのチケットを持っている。福岡に行けと言うことなのだろうか。まぁ夢の中なので自由に振る舞うことにする。

f:id:koshi0816:20140523091358j:plain

羽田空港の搭乗口向かいの売店ではスカイエールという限定ビールが売られていた。早速買って飲んでみる。ホップの苦みと麦芽の香りが前面に出ているこれぞエールという感じのビールだった。T.Y.HARBORのロゴが入っているのであそこのお店で作られているのだろうか。

f:id:koshi0816:20140523101557j:plain

そうこうしているうちに搭乗時間が近くなったので飛行機に乗り込む。あっという間に福岡に着いた(夢だからなのか?夢を見ていたからなのか?)

 

研究員として福岡に来るのはこれで3回目。福岡でのワンマン*2は全て行った事になるのかな。研究員になるまでは仕事プライベート合わせて福岡には一度も行った事が無かったのに、BiSのライブを観に行くだけでワンマン3回、リリイベ1回の計4回も訪れるとは夢にも思っていなかった(いまは夢の中だが)。

 

天神まで地下鉄で移動し、昼食を取りそこから徒歩でライブハウスへ。

f:id:koshi0816:20140523141331j:plain

比較的早い時間に着いたので、軽く下見がてら寄ったが、すでにKMミュージック佐藤さん高橋さんが物販の準備などを行っていた。会社をサボることの重さについて軽く談笑し、時間があるので一度ライブハウスを後にする。

ライブハウス近くのサイゼリヤで少し仕事をし、開場時間が近づいてきたので再度ライブハウスへ。

 

【妙にリアルな夢のつづき・入場〜LUI◇FRONTiC◆松隈JAPANオープニングアクト

ライブハウス前で雑談していると、九州研究員さんからお面をいただく。博多のソウルフードの1つ、「にわかせんぺい*3」にちなんだお面だ。このお面は福岡ワンマン3回とも企画していて、3回とも頂いた。すでに恒例と化してるほどのこの企画だが、毎回何百枚も手作りでお面を作って下さっていると思うと頭が下がる思いである。


東雲堂 にわかせんぺい

デザインも凝っていて、FINALとという文字にその思いが重なってぐっと来る。九州の研究員(もちろん九州だけではなく、関西も北海道も東北も全部)はBiSが来るたび、初来州*4、再来州、そして最後の来州。その度に強い思いで準備をしたのだろう。

f:id:koshi0816:20140523180911j:plain

そうこうしているうちに箱のスタッフがやってきて、整列を始め、予定を少し過ぎたところで順次入場開始。

福岡DRUM Be-1は公称キャパ300で、見た目大体キャパ通りの規模。ステージが80~90cm(目測)と高く、フロアも細かく段差があり後方からもとても観やすいつくりになっている。

SCRAMBLESのボスでもあり、LUI◇FRONTiC◆松隈JAPANのリーダーでもある松隈ケンタさんのホームだった場所だそうだ。今日のMCでも話していたが、地元でバンドをやっていた時代はここで相当な回数ライブをやっていたらしい。松隈さんは以前からインタビューであまりBiSのライブには足を運ばない*5と何かのインタビューで話をしていたが、節目節目のライブと、ここ福岡のワンマンには顔を出している。今日はLFMJバンドメンバーとしてO.A.を演りに来られているのでまさしく凱旋公演だろう。

f:id:koshi0816:20140523191314j:plain

入場して中柵をキープ。ビールをバーカウンターで交換して飲んでいると、まもなくLFMJメンバーが登場し、オープニングアクトがスタート。ドラムは楠瀬タクヤさんだ!

プー・ルイさんが登場し、いきなり「nerve」のイントロが!まさか生バンドの「nerve」が観られるのか!?と思った矢先に演奏を止め「やるわけねーだろ!」というオチに。4小節くらいはやっただろうか。

去年たまたま用事がてら伺ったラボフェス*6(松隈フェス)で、Gt松隈さん+Dr轟さん+Kbみっふーさんの「PPCC(さわり)」と「DiE」を聴けたのは僥倖だったなぁ~と思い出していた。今日は2F席に松隈さんのおかあさんが観に来ていることをバラされ、研究員みんなで2F席の松隈ママへ拍手と歓声を送る。

 

今日も始めにメンバー紹介〜ライブへ。セットリストは今までと同じ。

①bells ②からっぽ ③パンケーキ(optimistic) ④感じたいよ ソバに居たいよ 新しい風と切り裂く光を

 

MCは「メンバーの趣味」。みんな差し障りのない回答なので割愛。MC WATAは「...アンナカ」と答えていて既に天丼臭はするが面白かった。

今日はずっとドラムに注目して観ていたが、パワフルなのにすごい精度が高い。そしてベースとギターが言うまでもなく素晴らしく、完成度が高すぎる。こんなバンドを従えて歌えるプー・ルイさんはなんて幸せなんだろう。

 

【妙にリアルな夢のさらにつづき・開演】

LFMJのO.A.が終わった後、しばし開演まで待ち時間。SEはずっとチェッカーズが流れてる。福岡といえばやはりチェッカーズなのだろう。ONE NIGHT GIGOLO→素直にI'm sorry→涙のリクエスト→星屑のステージと流れたところで客電が落ち、ライブがスタート。みんなでお面を付けて待機する。

プー・ルイさんだけがステージに現れる。こんな事が以前にもあったような、、、そして流れた曲は「福岡ソフトバンクホークス応援歌」。


福岡ソフトバンクホークス【いざゆけ若鷹軍団】

周りにいた地元の子と思われる軍団が大合唱していた。そして後ろを振り返ると、2F席(今日は関係者席になって入れない)に残りのメンバーが揃っていてサインボールを客席に投げ入れる。最後にステージのプー・ルイさんが、大事なところからサインボールを取り出し、投げ入れる。僕の頭を軽く越えていき、すぐ後ろの人がゲットしていた。そして2Fにいたメンバーもステージに戻ってきて「PPCC」から始まる。

 

セットリストは下記の通り。

【5/23BiS福岡DrumBe-1セトリ】 ①PPCC②GMYL③gugigi④IDOL⑤DiE⑥BiSim⑦ERROR⑧urge⑨マグマト⑩デモサヨナラ⑪MMGK⑫MyI⑬STUPIG⑭ODD⑮BiS⑯Fly en①ウサギ②primal. wen①nerve②FiD 全20曲

— 越田 修 (@osamukoshida) 2014, 5月 23

 「GMYL全部」のとき、舞台袖から松隈さんがみんなに抱えられてステージに。そしてフロアに投げられた。高松の田渕さんを彷彿とさせた。フロアーをサーフする松隈さん。よく見ると、LFMJ初ワンマンライブの時にファン有志で作ったサッカーユニを着ている。背中に「OPTIUMUS」の文字と「72」の背番号。このとき僕はこのユニフォームを中心になって準備してくれたよしのさんの事を思い出していた。あの時にSHELTERに集まってユニを着たぷーらぁは今日それほど集まらなかったけど、みんなに見てほしかったなぁ。

そして「gugigi」のあと「IDOL」→「DiE」→「BiSimulation」→「ERROR」とフロアは一気に暖まる。今日のフロアは1段目の幅がそれほど広くない(5~6列くらい)なので圧縮もそれほど酷くなさそうにみえる。

 

アンコールは「SAY YES」を合唱してから、「アンナカ」コールへ。完全にあの事件が起こって以来、あの話題から離れられなくなってきている。でも離れられなかったのは研究員だけではなかった。

曲が流れる。聞いたことがある気がする。BiSの曲ではない。アイドル曲に疎いので分からなかったが流石にサビまできて気づいた。これは「蒼いうさぎ」だ!


酒井法子 - 蒼いうさぎ

博多だからというのはあるが、本当にここまでシャブネタをぶっこんでくるとは思わなかった。この「蒼いうさぎ」という名曲を持ってきたと言うことは、、、うさぎ繋がりで「ウサギプラネット」へ。そして「primal.」でアンコール終了。

ダブルアンコールでの「FiNAL DANCE」は袖で見ているKM佐藤さんも笑顔で曲にのって踊っている。帯同しずっとライブをスタッフの立場で見てるにつれ、このグループの音楽が好きになってきたんだと思う。今まで数多くのバンドツアーのプロモートをしてきただろう。でも多分バンドを含めてこんなにめちゃくちゃなグループのライブを担当したことはないのではないだろうか?今後も続くであろうプロモーターの経験で忘れられない仕事になっただろうなぁと思う。

僕はサカナクションのライブに良く行くのだが、山口さんはMCで「チームサカナクション」といつもスタッフを含めて言及する。ツアースタッフ含めて一丸となって最高なライブになるのだと言うことは彼らのライブを見て何度も身に沁みて感じた。

規模もレベルも程遠いかもしれないが、スタッフもメンバーも合わせて良いライブを作り上げるのがわかるし、それがここ最近素晴らしいライブを続けられている理由だと思う。本当にこの状態が終わるのは惜しい。本当にそう思わせる日々である。

 

良いライブだった。

 

【妙にリアルな夢のつづき・反省会】

以前に福岡に来たときは屋台に行けなかったので、研究員大先輩のまーくんさんが行っているお店にお邪魔。おでんも料理も美味しかった。

f:id:koshi0816:20140524000916j:plain

 

という夢を見た。具合が悪かったのが原因なのか分からないけど、とてもリアルだった。

 

そして「長い夢」から目が覚めたら何故か僕は熊本に向かう電車に乗っていた。(明日へ続く)

*1:薄着のまま寝てしまい、起きたら寒気がした。

*2:2013/3/3 ハートにBiSをつけて@福岡DRUM SON、2013/12/4 BiS after all@福岡DRUM Be-1、と今日

*3:このブログを書くまで「にわかせんべい」だと思っていた。

*4:九州を訪れることを来州と書いたが、正しい表現かはわからない。

*5:BiSのライブを観に行きすぎて客の反応を知ってしまうと、どういう曲を作れば盛り上がるかという事が見えてくるためバイアスがかかっていまい、曲作りに影響する、様な事をインタビューで話されていました。

*6:轟さん壮行会だったhttps://twitter.com/kenta_matsukuma/status/360400635335688193