探さないで下さい

ここに説明を入力したいと思います

アイドルのいる辛い暮らし - 遠征中年研究員日記 (5/24) - THE BiS WHO SOLD THE WORLD TOUR DAY12@熊本DRUM Be-9 V2

【THE BiS WHO SOLD THE WORLD TOUR DAY12@熊本DRUM Be-9 V2】

f:id:koshi0816:20140524161756j:plain

九州ツアーも2日目の熊本。熊本が地元の研究員さんも多く、盛り上がりは必至なので前々から楽しみにしていた。前回のときにも一緒にTUMAさんどっきりを仕掛けたゆーやんさんも来るので久々に会えるのも楽しみだ。

f:id:koshi0816:20140524110310j:plain

博多は中州にあるカプセルホテルをチェックアウトし、すぐ近くにあった中洲川端駅から博多駅へ目指す。前回のツアーでは九州は全てバスで移動したので、今回は鉄道で行くことにしていた。JRで熊本を目指すことに。

 f:id:koshi0816:20140524114609j:plain

博多でラーメンを食べていないので、少し寄り道をして博多駅に併設されているビルの一幸舎に寄った。自分が知っているくらい有名なお店だが、行った事がなかった。比較的おしゃれな駅ビルに入っているのに、お店の前からは強烈な豚骨臭。店内は広く、店員さんが元気に動き回っている。豚骨ラーメン+玉子をオーダー。すぐにやってきた。想像していたより食べやすい。思わず替玉してしまった。満足。

f:id:koshi0816:20140524115939j:plain

そして博多駅に戻り、鹿児島本線に乗って荒木駅で乗り換える。

この時刻表掲示板写真は何も考えずに撮ったのだが、あとで指摘してなかなか趣のある写真だった。時間があったから別府方向に乗っていっても良かったが気付かなかった。

f:id:koshi0816:20140524140651j:plain

荒木駅まで30分強、そのあと乗り換えて1時間弱で無事熊本駅へ到着。前回来ているので何となく街の様子を憶えているので心細くない。駅の向かいにある市電に乗り込んで本日の宿である通町筋の東横インを目指す。

東横インはチェックインが16時からということで、外は暑いのでロビーで待機することに。ビールの自販機があり至れり尽くせりだった。たまたま同じホテルに宿泊するぺの君と偶然会い、ビールを飲みながらロビーでずっとおしゃべりをしていた。

そしてチェックインの時間になり、部屋に荷物を置いてライブハウスへ。

f:id:koshi0816:20140524160821j:plain

ここの通りで去年の12月はメンバーがビラ配りをしていた事を思い出す。今回は一切やらなくて良いのは少し寂しい気もするが、研究員側も朝早く起きてお昼までに移動する必要もなくなり助かる(?)。 

f:id:koshi0816:20140524163954j:plain

そしてライブハウスへ。今日の1Fは怒髪天らしい。今日はなんと整理番号1番をゲットしているので、確実にドセンを取れる。土曜日という事もあり、昨日は来られなかった関東研究員も続々集結して来ている。

 

【入場〜LUI◇FRONTiC◆松隈JAPANオープニングアクト

f:id:koshi0816:20140524170918j:plain

しばらくしてスタッフが整列をはじめ、開場時間予定通りに入場開始。もちろん最前ドセンをキープ。左右にやまちゃんさん、カズキさん、後ろはふらっとさんチャリオさんの熊本出身2名と偶然にも完璧な布陣になった。

しばらく談笑していると、LUI◇FRONTiC◆松隈JAPANメンバーが登場し、オープニングアクトがスタート。今日も松隈ケンタさんと楠瀬タクヤさんの体制。いきなり楠瀬さんがドスドスドスドス...とあのフレーズを叩き始めた。「Give Me Your Love全部」のイントロだ。鳥肌が立った。昨日の「nerve」があったので、歌までは入らないと直感的に分かってはいたにも関わらず。解散前にもう一度だけ生バンドライブやって欲しいなぁと思う。

セットリストは今までと同じ。

①bells ②からっぽ ③パンケーキ(optimistic) ④感じたいよ ソバに居たいよ 新しい風と切り裂く光を

今日のMCは「好きな体位は?」ビジネスバンドなのでメンバー同士をよく知るためにといったMCネタなのだが、それを知る必要はないと思う。完全にMCが下ネタトークに。

楠瀬さん、小原さんと無難?な回答が続いたあとに、竹内さんは「寝バック」と答えた時になぜかアイコンタクトでプー・ルイさんが僕の所にマイクを差し出した。僕も何かに導かれた様に「そのプレイは○ンコが長くないとできない。」と言ってしまう。その時点でテンペストさん=長○ンコという事になった(更にキャラが立って良かったですね)。ライブ後、竹内さんは謎?の弁明をツイートしている。

 

そしてMC WATAは座らせて○ェラ(既に体位ではない)とか、松隈さんは松葉崩しとかとても下ネタな方向へ。プー・ルイさんはこういう話を上手くまとめながら安定したトークスキルを遺憾なく発揮していた。

最前だったのでパンケーキではもれなくクリーム攻撃を食らった。あのクリームは目に入ると結構染みて痛かった。「感じたいよ~」ではテンペスト竹内さんがアウトロのところで客席にダイブ。KM佐藤さんのヘルプも阿吽の呼吸でステージに戻る。

 

【本編】

結構客は入っていたが、SOLD OUTしたにしては少ない気がした。前からだとよく見えなかったがざっと8割前後位の入り。LFMJのO.A.が終わり、開演までのSEはTM NETWORK。Your Song「D」mix→NERVOUS→BE TOGETHER→RESISTANCEと古めのナンバーが流れ、開演時間を少し押してBiSライブがスタート。

今日のSEは...くまモン」のテーマだ!「くまノン」と書かれた名札をつけ、くまモンのかぶり物をし、ほっぺを赤く丸く書いたのぞしゃんが一人で登場し、くまモンのダンスをする。


くまモンもん

このビデオのダンス通りだった。MCで一生懸命練習していたと言っていたので、直前で詰め込んだのだろう。決めのポーズ(後ろを向いて振り返る)でフロアから「かわいいー」が連呼される。のぞみけ必見の出囃子だったことは間違いない。

 

そしてこの陽気な流れで残りのメンバーが入ってきて一曲目はいきなり「primal.」。

セットリストはまっくさんのツイート参照(いつもありがとうございます!)。

今日も冒頭の激しい曲の流れの後、自己紹介MCを挟んで「マグノリア」→「スプリットブレインシンドローム」という流れ。そして「BiSimulation」→「歩行者天国の雑踏で叫びたかったんだ」で合唱。「YELL!!」で周りのみんなで手を握ったり、周りが気心知れている人たちなので全くストレスなく観ることが出来た。圧縮も全然なく、前まで流れるサーファーも殆どいない状況。「YELL!!」は本当に大好きな曲で、歌詞がとても切ないところが良い。


20140503 BiS@Sand pit YELL

こたえが 出ない道を 歩く僕ら
不安で 行く先も わからないけど
手をにぎり 笑い合い 支え合っていくよ
笑って 笑って いこう きっと
素敵な日々 見つかるから

 YELL!! - BiS より

 

そして告知MCのあと、メンバーが縦一列になって後ろを向く。このフォーメーションはあの曲しかない。「Give Me Your Love全部」だ。普段はセットリスト冒頭1~2番目に入る曲がこの位置に来るのも意外性があっていい。後ろにいるチャリオさんはこちらが心配になるほど暴れまくる。そして「プライマル。」→「FiNAL DANCE」。「FiNAL DANCE」ではいつも袖でライブ進行をサポートしているKMミュージックの佐藤さん高橋さんがメンバーと一緒に踊りまくる。ツアーだけでのつきあいかも知れないが、前回全国ツアーからこの二人は「チームBiS」に欠かせない存在になっている。本当にとてもハッピーな空間だった。ライブで聴けば聴くほどこの曲が好きになっていく。

 

【アンコール~終演】

アンコールのコールは熊本市出身の「三百六十五歩のマーチ」を無限ループで合唱。そして5回くらいループしたあと、SEが流れる...自分は分からなかったがとなりのやまちゃんさんがすぐに気づく「森高だ!やったー!」


私がオバさんになっても 森高千里

みんなで合いの手を入れる。恐らくはじめてなのに慣れたものだ。「江口!洋介!」と合いの手を入れる猛者もいた。1コーラス流れたところでアンコールが始まる。「Survival dAnce ~no no cry more~」恐らく森高さんとの繋がりはないと思う。サバダンTO?のよーすいさんがずっと直立リフトされていたのは圧巻だった。そして「DiE」では久々にとしまるさん&がすぴ~さんのリフト芸が発動。いつ見ても酷い。

 

ダブルアンコールは「PPCC」→「IDOL」。この代表的な2曲をダブルアンコールに持ってくるのも珍しいのではないだろうか。最前だったので「IDOL」では久々に激しくヘドバンをかます。後半~アウトロでサキさんが客席で仁王立ちをかます。しなもん。さんのツイートを拝借してこんな感じである。凛々しい。

そしてライブは終了。 今日も素晴らしいライブだった。

 

【反省会】

さっさと特典会をすませ、一度ホテルに戻り荷物などを置いた後、反省会へ。まだみんな特典会が終わっていなかったので、ゆーやんさんoyktさんと近くの居酒屋へ。しばらくすると続々と研究員が集まり、20人強の宴へ。まったく九州に遠征に行っているとは思えないほどの顔ぶれ。ライブ後のこうした飲み会もあと数える位しか出来ないかと思うと寂しくなる。

f:id:koshi0816:20140524223624j:plain

1時過ぎにお開きになり、近くのラーメン屋で締めのラーメンを食べてホテルに戻る。2時過ぎに就寝。