探さないで下さい

ここに説明を入力したいと思います

アイドルのいる辛い暮らし - 遠征中年研究員日記 (6/7) - THE BiS WHO SOLD THE WORLD TOUR DAY16@福井CHOP

【THE BiS WHO SOLD THE WORLD TOUR DAY16@福井CHOP】

 f:id:koshi0816:20140607150538j:plain

今週末は福井・金沢2連戦である。この2会場は前回の「BiS after all」でも同じライブハウスでやっていてどちらも印象深いライブだった。今回も絶対に記憶に残るライブになるはずである。

朝5時に起床。身支度をして6時に自宅を出発。いつものコンビニでよーすいさん、武蔵浦和駅でぎね美さんとTUMAさんを拾い、福井へ出発。今から思うとすごく濃いメンツだ。

f:id:koshi0816:20140608084753p:plain

浦和から福井へ車で行くのに、東名道、中央道、上信越の3つのルートの選択肢があり、どのルートもほぼ同じ時間かかる。今回は首都高を通らない上信越ルートを選択。道のり555km、約6時間の移動。

埼玉はとても強い雨が降っていて、かなり強い雨の中出発。外環は少し混雑していたものの、それ以降は全く順調で、群馬から長野に入る頃には雨も止み、順調に車を走らせる。朝は談笑していた車内のメンバーはみんな熟睡。TUMAさんは↓こんな感じで、シフトレバーも握らせてくれない(さすがに危ないので叩き起こしたが)。

 f:id:koshi0816:20140607112053j:plain

道も順調であっと言う間に福井に到着。福井ICを下りるタイミングで前が見えなくなる程の豪雨に見舞われた。全然視界がなくなったので怖かった。13時を過ぎたところでお昼ご飯を食べようと前回のツアーでも寄ったヨーロッパ軒へ。

f:id:koshi0816:20140607125955j:plain

ベビーカツ定食を。あまりにも美味しいのでご飯を追加で頼んでしまった。苦しかった。そして今日の会場である福井CHOPへ。ここは近くのローソン裏に駐車場を確保しており、そこに車を置いておけるので遠征民としてはとても助かる(地元の人も車で来るんだろうか)。

 

f:id:koshi0816:20140607170546j:plain

ライブハウス前のローソンで談笑し、開場時間が近くなったのでライブハウス前へ移動。番号がそれほど良くない上にウイカ生誕関係の催し(後述)もあり、ゆっくり入場。最後方で開演を待つ。

 

【LUI◇FRONTIC◆松隈JAPANオープニングアクト

いつも通り入場開始20分後くらいにメンバーがステージに登場し、オープニングアクトが始まる。前ツアーの日記でも書いたはずだが、福井CHOPはフロア最下手とその先の物販スペースに金網がある。金網の先からでもステージは見る事が出来るが、角度がかなりキツくなる。前回のツアーのときは、かなり厳しく金網に登るなと注意されて(それでも登った奴が約1名いたが)、金網を壊すと弁償と張り紙にもあったくらいだった。

f:id:koshi0816:20140607174249j:plain

ところがテンペスト竹内さんがあっさり金網に足をかけてプレイ。前回あれだけ注意されたので結構もろい金網なのかな?と思っていたが以外と丈夫な様である。研究員はどれだけ暴れると思われていたのだろうか...たしかにここに2〜3人よじ登ったら危ない気はする。

前回の「お茶ジャンプ」に続き、今回は「カニジャンプ」を煽る。手をカニの形にして飛ぶだけである。今後もあるのだろうか...

下手側最後方で観ていたので殆どメンバーの様子は見えなかったがMCは面白かった。テーマは「好きなアーティスト」。初っ端の楠瀬さんがいきなり「白鵬」。確かに生き様がアーティストですね。そして小原さんは「ポールロドリゲス」。プロスケートボーダーらしい。知らなかったので調べたのだがこんな人らしい。フロアで知っている人がいて小原さんが珍しく興奮していた。そして竹内さんは「ポールギルバート」。やっとミュージシャンが出た。王道過ぎて意外だった。確かにMr.BIGは素晴らしいし、Mr.BIGを悪く言っている人を見た事がない。そしてプー・ルイさんは「中2の時にラジオで聴いたNIRVANAに感銘を受けて、ギターを始めた」というお約束のお約束のエピソードを披露。そしてMC WATAは「吉幾三」。ラッパーが吉幾三をリスペクトするのはどうかと思うが、リリックを大切にする所などは共通する物があるのだろうか。僕が幼少のころ、吉幾三が毎回「雪国」を泣きながら歌っていたのは今でも深く記憶に残っている。

 

今日は生誕本番日という事で、ファーストサマー界隈の方々が準備しているのをよそに、非界隈の自分たちで準備していた事があった。

 

【 ふぁれるハッピーバースデー】

f:id:koshi0816:20140607150449j:plain

NIGOさんの繋がりで、ファレル・ウィリアムスの「HAPPY」日本語版MVにBiSが登場していることを受け、にわかに発生している「おずさん=ふぁれる」のムーブメント。


ファレル・ウィリアムス 「ハッピー」日本版MV

その流れに乗り遅れない様に、おずさんはもちろん、よーすいさんやあさったさんと福井公演の時に「ふぁれる」名義でスタンド花を出そう!と言う話に。花だけだと勿体ない?ので、ウイカさんの自己紹介*1の時にふぁれるをリフトして一言メッセージを伝えてもらおうとどんどんおもしろおかしく構想が膨らむ。

最終的には

  • スタンド花を出す:立て札の名義は「ふぁれる」、メッセージは長い議論の末「Uika, Are you "HAPPY"?」に。
  • ウイカさん自己紹介でファレルをリフト「GIRL」のジャケ写を模してバスローブにふぁれるガールをはべらせてそのままリフトで丸ごとフロア前方で突入。
  • プレゼント:コメントを発するだけだと通常とあまり変わらなくインパクトも薄いから、生誕を込めてふぁれるからファレルウィリアムスの12インチをふぁれるのサイン付きでプレゼント。わざわざ3ちゃんさんがレコード屋で探して来て勝って来た。

f:id:koshi0816:20140607162537j:plain

バスローブ姿のふぁれるにサインを書いてもらう。だいぶ経った今、この写真を見るだけでも笑いがこみ上げてくる。 15時頃に頼んだスタンド花が来てライブハウス前に見に行った時、偶然ウイカさんが車でやって来てスタンド花をみて「ファレルからだー」と喜んでくれたのを目撃したので殆ど目的は達成した様な物である。

そしてふぁれるガールをライブ前に現地調達。ひじきさんやまださんに協力してもらうことに。現地調達は大変かなと思っていたら結構あっさり見つかって*2良かった。

事前に流れをチェック。ふぁれるはもちろんの事、ふぁれるガール二人もノリノリで協力してくれる。こんなバカバカしい事を真剣にやるのが楽しい。よーすいさんはこういうとき力を発揮し、キラキラした顔で演出について色々注文を付けている。あさったさんが来られなかったのもあり、みぎさんやCCBさん、りょーちんさんなどに協力してもらい3人をリフト、自分は前に張って前に行ける様に道をこじ開ける係を。

本番は計画通りうまく行った。リフトしながら前まで行って、「Uika, Are you Happy?」まで言ったのでほぼ100%成功だろう。

 

 

  

 

【ウイカ生誕本体】 

ファーストサマー界隈が準備していた生誕企画。実際には誕生日当日である6/4のOFF!との対バン時にもお祝いをしていたのだが、本来はこちらが本番*3である。事前のリハーサルもコンビニの横で行っていた。primal.の時に掲げるのぼりはKんさんの力作だそうである。約1m × 3mののぼりが4本。裏には「ええ女2(3)4」の文字。これを作るだけでも相当時間がかかっただろう。

f:id:koshi0816:20140607151914j:plain

Kんさん自身はキリスト?に扮して、ライブ中ずっと磔にされるという演出?LFMJのオープニングアクトの後、例の金網に括り付けられた

f:id:koshi0816:20140607180716j:plain

恒例のKM佐藤さんによる開演前の注意事項説明で「もう既に金網に張りついている奴がいる」といきなり注意される。それでもめげずに張りついたまま(むしろそこに居る事で金網に登る研究員が居なくて良かったのかもしれない)。

f:id:koshi0816:20140607194614j:plain

そしてライブ後半のIDOLでは十字架リフトからのサーフ。見ているだけでも神々しい、まさしくIDOLの文脈になぞったバカバカしく研究員らしい光景。 下記リンクIDOLは7:50あたりから。一瞬だけだがキリストを拝む事が出来る。


ういぽん生誕〜IDOL(途中まで) (14.06.07「THE BiS WHO SOLD THE WORLD TOUR」@福井CHOP)

IDOLのMVにある、磔られたメンバーが信者に扮した研究員と行進するというシーンが頭をよぎり重なる。そういえば宗教ケチャする人は殆ど居なくなってしまったなぁ。


IDOL / BiS 新生アイドル研究会 - YouTube

ウイカさんの顔が書かれたケーキや、ウイカさんが好きで止まないユニコーンのライブグッズをインスパイアしたTシャツ、タオル、団扇。そして沢山のメッセージ。この辺の詳細はここで書くより、ウイカさん本人のブログで確認して欲しい。

 

FiNAL DANCEではふらっとさんがリフトされたまま、夜なべで作成したという偽物のチェキ券をバラまく。事前に見せてもらっていたので自分は取り乱さなかったが、周りの人が慌てて拾いまくってたのは結構面白かった。自分も知らなかったら同じ行動をしていただろうなぁ。ふらっとさんなら本物の券だって撒きかねないし。ハッピーな雰囲気で本編終了。

 

そしてアンコールを経て、冒頭で書いたのぼりがprimal.の時に登場する。この模様は動画で記録して下さった方がいたのでそれを見ろ!の一言に尽きる。


20140607 BiS primal. @福井CHOP

ウイカさんの堪えきれない表情や落ちサビの瞬間に一気に翡翠色のサイリウムが焚かれる瞬間。動画でも素晴らしい光景だが、現場では号泣者続出だった。すごく奇麗で温かい瞬間だった。

 

セットリストはまっくさんのツイートを参照(いつもありがとうございます)。

 

感動的な「primal.」の後に「Fly」。後ろで見ていたが、一気に前に突っ込んで行った。最後に「Fly」が来るのもだめ押し感があって良い。いいライブだった。

 

生誕本番当日ということもあり囲み撮影なども多く、深夜0時頃まで特典会が続く。ライブハウスを後にし、ホテルにチェックインしたのは1時前だった。そのあと近くの居酒屋で軽く反省会。本体が福井駅近くの居酒屋で始めたと連絡を受けたが、結構遠いのと時間も遅いのでTNTKさん、やまちゃんさん、よーすいさんの4人でひっそりと飲む。TNTKさんの面白い話で盛り上がり、疲れがピークを迎えたのか自分が居眠りをし始めた頃(おそらく2時過ぎ)にお開きとなった。ホテルに戻って就寝。

*1:自己紹介の時にウイカ生誕本体を邪魔しない様に進められる事は事前確認済み。

*2:このお二人とは後日談あり。こんど日記に書きます。

*3:6/4の対バンイベントが発表されたのが結構遅くて、6/7で生誕をやると決めた後だったらしい。詳しい経緯は分かりません。