探さないで下さい

ここに説明を入力したいと思います

アイドルのいる辛い暮らし - 遠征中年研究員日記 (6/22) - THE BiS WHO SOLD THE WORLD TOUR DAY21@郡山 CLUB#9

【THE BiS WHO SOLD THE WORLD TOUR DAY21@郡山 CLUB#9】

 f:id:koshi0816:20140622102508j:plain

ファイナル全国ツアーも21日目。今日を終えると残りは北海道シリーズ(旭川−札幌−札幌)と残り3回である。なんとも実感がない。

 

f:id:koshi0816:20140701140005p:plain

7:30に起床し。8時にホテルロビーでよーすいさんと待ち合わせて出発。新潟駅でぎね美さんとかおりさんを拾い、すこし走ったところにある健康ランドでTUMAさんを乗せ郡山へ出発。

 

新卒の時に、会津若松にあった会社で3年間働いていたこともあり自分にとって福島県はとても馴染みがある。ありすぎて3年前に家族で旅行に行ったときにオービス59kmオーバーを切られる*1という失態を犯すほど。

磐越道は前半のほとんどが対面走行、つまり1車線になっており前に遅い車がいると途端に足止めを食らってしまう。多分に漏れず今日もそうなってしまった。もともとそれほど急いでた訳でも無かったのでイライラしないで運転。2時間位で郡山へ到着。ライブハウス近くの駐車場に車を停める。 

f:id:koshi0816:20140622120722j:plain

CLUB #9(シャープナインと読む)は郡山駅すぐ近くのアーケード街にある。日曜の朝で人はまばらだったのだが、周りはどこ歩いてもBiS Tシャツを着た研究員に溢れていた。物販が11時からだったが、12時前に着いたときには特典会の券が切れてしまっていた。

 

その辺うろうろしてても仕方ないので飲みに行くことに。

f:id:koshi0816:20140622120646j:plain

ライブハウスすぐ近くの居酒屋がなんとお昼からやっていた。まるで研究員を待ち構えていたかのよう。

f:id:koshi0816:20140622122312j:plain

このお店で10円刺身というのを食べる。限定で一人一回までの注文でマグロ・タコ・サーモンの3切れだが、これで10円は安い。開場まで結構時間があり、ひたすら酒を飲む。間もなく特典会を終えた研究員でお店が満員御礼になる。お店としても予想外だろう。フロアの店員さんが一人しか居なかった。

 

昼から開場の16時までひたすら飲む。ゴリさんは金宮ストレートと何かのサワーの2つを頼んで一斉に飲んでいるという訳の分からない酒の飲み方をしている。ほかの周りの研究員も相当飲んでいて今日は現場が荒れる予感がした。

開場時間が近くなったので、会計してライブハウス前へ行ってみると泥酔者が結構いてひどい状況になっている。数名は冷静に見ると入店を断られるレベル。もう終わりだから酒を飲まないとやってられないのはよくわかる。さすがに心配だがみんなが看てくれているから大丈夫だろう。

車に荷物を入れたあと開場時間になり、順番に入場。

 

CLUB #9は入り口を入って左前方がフロアへの入り口、右手前方には階段があり、2Fに立派なドリンクカウンターとトイレがある。トイレに寄ったあと、フロアへ向かう。

f:id:koshi0816:20140622161308j:plain

フロアは目測キャパ250〜300くらい。ステージがそれほど高くなさそうなので、後ろからだとよく見えないかもしれない。

f:id:koshi0816:20140622160917j:plain

しばらくしてLUI◇FRONTIC◆松隈JAPANのメンバーが登場。 ツアー最後のオープニングアクトが始まる。

なぜか福島→福→福山福山雅治の「桜坂」を小原さんが歌う。それがすごい上手くてボーカルやれるんじゃないかなぁと思った。そのあと「bells」へ。セットリストはいつもの通り。

MCはO.A.の最後らしく「プー・ルイの好きなところ」。イトゥーさんは「笑顔」で小原さんは「がんばり屋さんなところ」という比較的無難?な回答。竹内さんはズバリ「胸」とエロキャラを出していきたいのか?と思うくらいのストレートな回答。MC WATAは小さな声で「...."ルイ"という名前」と昨日のMCからネタを繋げてきた。昨日見に来ていない人は面白味が分からない。なぜかプー・ルイさん自身にも振られていて、「メンバー想いなところ」という様な回答をしてた気がする。

そして「感じたいよ〜」が終わった後にフロアからメンバーみんなに花束を。プー・ルイさんはともかく、バンドメンバーはBiSと一緒に全国を回ったわけで、本当に大変だったと思う。本当におつかれさまでした。

 

まだO.Aが終わっただけなのに今日の会場も暑い。箱のサイズを含めた蒸し暑さで言うと先週の岡山が一番だったと思うが、今日は客の熱さもありそれを上回るのではないかと思う。横浜アリーナをのぞくと最後のライブになる人も多いはずである。何だか分からないけど熱気がすごいのである。今日はかなり嫌な予感がする。

 

開演時間少しすぎてライブがスタート。福島名菓「ままどおる」のテーマソング?だ。メンバーが「ままどおる」を手に入場。


ままどおる

そして「primal.」からライブはスタート。 


BiS - OP〜primal. (14.06.22「THE BiS WHO SOLD THE WORLD TOUR」@郡山CLUB#9)

 

セットリストはまっくさんのツイートを参照(いつもありがとうございます)。

そのあと「My Ixxx」→「BiSimulation」→「STUPiG」→「PPCC」といきなりトップギアの流れ。このとき既にフロアは相当暑く、すでに脱水症状を起こしそうな感じ。

自己紹介のMCではプー・ルイさんの時にタキシード姿のいっちー君を3ちゃんさんとリフト。花束やスタンド花など、あれだけ周到に用意してきて更にあのくそ暑い箱の中でそれまで白いタキシード姿でがんばったのには敬意を表したい。スタンド花のメッセージカードについても触れてくれていたので報われたのかな?

その後も激しい曲一辺倒ではないがフロアの温度はすごかった。ここの時点でフロアでぶっ倒れて箱外に運ばれてる人を2人見た。これだけ激しいBiSのライブにおいても複数人運び出されるのはとても珍しい。それくらいしんどかった。「GET YOU」ではプー・ルイさんの声が相当辛そうだった。全ツアー福岡公演の時も「GET YOU」をやったがその時も相当辛そうだったのを覚えている。

「YELL!!」あとの告知MCでは、最後のニコ生、ひとりぼっちの生放送としてメンバーが順番に出演する事が発表された。この件と横浜アリーナの告知くらいしか告知する事がない事実に終わりを感じずにはいられない。

告知のあと「YELL!!」→「豆腐」→「Fly」→「FiNAL DANCE」と個人的には思い入れのある曲の流れ。「FiNAL DANCE」は歌いだしの難易度が高く、そのうえコショージからという無謀な歌割りで、正直に言うと初披露の沖縄からしばらくは歌いだしの所が???という感じだったが、すごいしっかりと歌える様になっている。その進化を目の当たりにしジーンときて少し泣きそうになった。最後のところでLFMJの小原さんと竹内さんが舞台袖から登場しフロアにダイブ。熱気のなか本編終了。

 

あまりにも暑くて一旦フロアからロビーへ脱出。ドリンクカウンターで水を交換してしばらくロビーの冷房の前で休む。アンコールが始まっても暑すぎてフロアに戻る気力がなく、戻ったのはダブルアンコールの時。「nerve」と「レリビ」ではしゃぎ回る。なんと「レリビ」の最後では何とプー・ルイさんがダイブ。まともにフロア上で仰向けになってるのは自分は初めてみたが、それもそのはずだ。

本州最後のツアーライブが終了。フロア内は信じられないほどの熱気で、天井に取り付けてあるエアコンからは湿気が排出できなくなってしまっているのか、水が垂れていた。この光景を見るのはo-nestのBiS4 Preliminaryぶりかもしれない。

 

ライブが終わって、全身水をかぶった様な状態で車まで戻って下着まで全部着替える。ポケットに入っていたチケットの半券は洗濯機にかけたかの様になっていた。取り出したらこんなになっていた。

f:id:koshi0816:20140622224048j:plain

 

ライブ後の特典会は無いので終電前までに到着したく、みんなを乗せて急ぎ気味に出発。20時過ぎに郡山を出発。最後の行程は東北道にのって221km。

f:id:koshi0816:20140707001344p:plain

道中はとても順調で22:30過ぎに武蔵浦和に到着。帰宅して自宅で軽く飲んで就寝。

 

研究員になって相当な距離を車で遠征したけど、大きなトラブルも無く終える事が出来て本当に良かった。もともと運転は嫌いじゃなかったけど、全国の色々な所を車で運転する事ができて本当に楽しかった。こんな日々がもう過ごせないと思うと少し寂しいけど、また研究員とどこかに車で旅をしたいと思う。

*1:人生でスピード違反で捕まったのはこの時と今年2月に静岡〜福井遠征の時に覆面に捕まった21kmオーバーの2回だけ。