読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

探さないで下さい

ここに説明を入力したいと思います

アイドルのいる辛い暮らし - おやすみホログラムとの邂逅 - BAR HOP NIGHT@新宿三丁目LIVE&BARスモーキン・ブギ(9/13)

【おやすみホログラム - BAR HOP NIGHT(9/13)】

f:id:koshi0816:20140913220902j:plain

 

退屈だ。何か刺激が欲しい。

 

6月までの怒濤の遠征三昧、そしてBiSの解散を経てもう所謂「アイドル現場」を積極的に見に行く事はないだろうと思っていた。
始めからBiSは「アイドル」とは違うと思っていたし、あの様なおかしな存在は二度と現れないと思っている。初めて観たライブが今まで観たどんなロックバンドよりロックだったのが今に至る決定的な動機だったのは間違いないし、


IDOL - BiS (20121027ワンマンライブ@赤坂ブリッツ"IDOL is DEAD Repetition"より)

どんな無茶苦茶な事をやっても受け流す運営&スタッフ、突拍子もないアイディアやクラフトマンシップに溢れる研究員(ファン)、さらにその上を行くメンバー。とにかくかけがえのない現場だったと思う。言葉でうまく表現できないが、まあ二度とこんな面白い現場は出てこないだろうし、もう無くてもいいんじゃないかなぁとも思っていた。

 

 

でも面白い現場に飢えていたのは確かだ。

 


今年前半の漫遊のツケが響いたのか、最近ずっと本業の仕事が忙しく、あまり飲みにも行けない日々が続いていたのもあるかもしれない。

 

その普遍ない日々のTLをにわかに騒がせはじめていた、「おやすみホログラム」というグループ。特にTUMAさんがやたらに騒いでいて、メンバーに非公式RTで絡んだり、「おやすみホログラム」というワードをつぶやいている人をもれなくリツイートするという、いつぞやのモードに入っている。

こういったグループは大抵どこかの事務所やプロデューサー、クリエイターなど運営が何かしら知っているグループや団体とつながりがあるものだが、(あまり業界を知らない僕には)その辺が不明で全く得体の知れないグループであり、その部分にも興味があった。

 

そして曲が良い。メロディーが良い。少し暗めなところがなお良い。凄いとか奇麗とかではなく、何か心に沁みるのである。一聴してどうしてもこのグループの音源を手に入れたくなってしまった。さっそくその時から次のライブがある9/13(土)夜の新宿にCD購入を含めて観に行こうと考えていた。


【PV】おやすみホログラム/ドリフター - YouTube

 

さらにこのグループは、結成して間もないのにも関わらず内輪ですごいゴタゴタが起こっている。

 

一体何が起こってるのだろうか?

 

もともと5人居たメンバーが1週間足らずで2名解雇され、3名に減った上、次のライブでリーダーのなの小夕子さんも「都合により」休みになり出演は2名(その上1名は最近入ったメンバー)になってしまった。いきなり2人の編成になって歌声の要素としてもライブとして成り立つのだろうか?ますます楽しみになってきた。

 

お休みホログラムが出演する「BAR-HOP-NIGHT 2014」は新宿三丁目のバー25店舗をサーキット(はしご酒)出来る飲みイベント。そのなかの音楽イベントはスモーキン・ブギというLIVE BARでやるらしい。タイムテーブルを見ると、前後にギュウゾウさんのDJタイムが入っていて何かしかの作為を感じる。

22:30~ <ゲスト>ギュウゾウ(DJ)
23:00~ おやすみホログラム(アイドル) 【リズムバー代表】
23:30~ <ゲスト>ギュウゾウ(DJ)

 

どう考えても終電に間に合わない気がしたので、お酒をあきらめ、車で向かう事に。

f:id:koshi0816:20140913220927j:plain

夜の首都高は流れもスムーズで、自宅から1時間もかからずに新宿三丁目に到着。

新宿三丁目は普段あまり行かないエリアで、新宿タワレコの帰りにたまに飲みに行く事はあるが、表通りにある安いチェーン居酒屋しか行った事はなかった。会場であるスモーキン・ブギはどっぷり三丁目のディープゾーンにあり、車を停めたコインパーキングの辺りは「やらないか」ばりに周りの建物は怪しいお店ばかりだ。

 

さっそくお店の様子を伺おうとしたら、TUMAさんをはじめうのうさん、ケンホーさん、3ちゃんさんとそうそうたるメンバーと遭遇。自分は初めて見に来たので何も考えていなかったが、先月誕生日を迎えたばかりの八月ちゃん(新メンバー)への生誕お祝いのムースを調達したり、お祝いの色紙、その他賑やかしグッズを購入していたりその辺は流石だなと。

 

5人で1000円引きになる団体割引(今回のイベントはこの券でどこのお店でもチャージなしで300円でドリンクが飲める)を購入しお店の中へ。

f:id:koshi0816:20140913221543j:plain

すごく飲んだくれられそうなイベントだった事を知り、車で行った事を少し後悔。そもそもなんでこんな場所のこんなイベントにアイドルが呼ばれるかも非常に謎である。

 

f:id:koshi0816:20140913223551j:plain

お店はニューハーフパブとかがある古めのビルのB1にあり、年季が入ったいい感じのライブバー。前の時間のバンドが終わりギュウゾウさんのDJが始まっていた。一度前のバンドのお客さんが出ていってお店はほんの少し空いたものの、また客が入ってきて店内は結構な混雑に。BiS現場で見かけた顔もちらほら。

 

ギュウゾウさんの選曲はもともと来ていた「お店にいるオジサンたちを帰さないようにするにはどんな曲かけたら良いんだ!?」などとMCを挟みながら、はじめはそれなりの曲をかけていたが、終盤はSaori@destinyPerfumeCutie Paiなどのテクノポップになっていた(笑)

 

f:id:koshi0816:20140913225328j:plain

傍らではTUMAさんが調達してきたウェーブ風船を膨らませたり、クラッカーなどを配ったり臨戦態勢に。

 

そうしていると、ほぼ定時にメンバーが登場しライブスタート。

MCをはさんで5〜6曲やっただろうか。自分はYoutubeで見た「ドリフター」しか知らなかったのだが、他の曲もとても良かった。客側は強者ぞろいだった事もあり、初聴きの曲に3連MIX、何を言っているか聞き取れない口上、クラッカー芸、風船飛ばし(エビぞりをやる曲があってその時高まってしまってため)、落ちサビらしき所で寝ケチャなどやりたい放題。

 

途中で突然ギュウゾウさんが電撃ネットワークのテーマを流し、メンバー二人にクラッカー芸を披露(お見舞い?)させる。こういった時、誰か(特にかわいい娘)に持ち芸をお見舞いする時ギュウゾウさんはとても悪い顔をする。BiSの時にそこ顔を何回も見てきた。

f:id:koshi0816:20140913232424j:plain

 


八月ちゃんのクラッカー芸

 

そしてラストは「ドリフター」。前飲みで何故かうのうさん(ううのさんではない)がスケッチブックに書いたという「いずこMIX」が発動する。ここまで全部パクリである。潔さがむしろ清々しい。

持ち時間が終わり、その後ギュウゾウさんのDJタイムに入ると思いきや、なんとギュウゾウさんがメンバーをステージに残したまま「nerve」をぶっ込んできた。フロア前方は殆ど元研究員のため、盛り上がらない訳はない。てきぱきと並んでた椅子を後方にまとめて、思いっきりはしゃぐ。ギュウゾウさんはその後「GET YOU」までかけてきた。*1さすがに打ち合わせになくメンバーが歌えないのか、途中でフェードアウト。もう一度八月ちゃんの誕生日を歌で祝い、やっとお開きに。

後半のDJはゴミを片付けたりバタバタしたりで殆ど聴けなかった(ギュウゾウさんごめんなさい)。

 

もともと歌は解雇&休みのメンバーも歌って成立していた、そして歌割りとかも急に振り直しただろう事もあり、今日のステージはお世辞じゃなく上手いとは言えない物だった。もともとの曲の良さもあり何か引き込まれるものがある。来るべき時が来て爆発が起こった感じだ。何しろ今日は客の顔ぶれもヤバかった。もともとはひっそりと後ろで見るつもりで出掛けたのだが、予想外に楽しんでしまった。メンバーも良い意味で擦れていないキャラでとても面白くてワクワクする。初々しさすらある。歌は休みのリーダーを含め解雇された2名のメンバーがいて作成された物だろうから、元メンバー含めたライブが観てみたかった*2

 

次回LIVEは9/19(金)に下北沢THREEにて、そのあと錚々たるメンバーとの対バンが10/12に新宿LOFTである。特にLOFTの方は元研究員も沢山集まるだろうから楽しいイベントになる事は間違いないだろう。

*1:これには裏話があって、もともとは「デモサヨナラ」をかけるつもりだったらしいが、肘があたって誤操作してしまい、「GET YOU」になってしまったとの事。

*2:解雇されてしまったメンバーが歌うのはもう観られないだろうが。